黒ずみコラム イビサクリーム

tenさんの黒ずみコラム

今回ご投稿くださったのは、なんと思春期の頃からデリケートゾーンの黒ずみとニオイが気になっていたというtenさんです。

 

かなり基本的なケアを心がけられていたそうですが、それでもかなりの黒ずみ解消効果があったようです。

 

やっぱり基本と言うのは何事にも大事だと言う典型的な例だと言えそうです。

 

投稿者プロフィール

 

年齢 20代後半
職業 会社員
肌質 色白、乾燥肌
スキンケア方法 保湿クリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみは女性の大半が抱えてる悩みの一つではないでしょうか。
自分自身の経験を当てはめて行くと、中学校くらいから黒ずみや匂いに悩まされ始めた経験があります。

 

中学校に通う時期は身体でいうと丁度、第2次成長期に男女とも差し掛かる時期です。
早い人では小学校高学年から始まり、遅い人でも高校生から始まります。

 

第2次成長期には新陳代謝が活発になり、老廃物を排出する為に皮脂腺から大量の汗を掻きます。
汗その物には匂いはありませんが、湿った水分は皮膚にある雑菌を体温と共に増殖させるので匂いが発生します。

 

雑菌はやがて皮膚の黒ずみの原因にもなります。デリケートゾーンは皮脂腺が多く、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい場所です。
下着の擦れも黒ずみの原因であり、尿に含まれる尿素も皮膚を黒ずませる原因の一つです。

 

黒ずみが気になる場合にはまずデリケートゾーンを清潔に保つことです。
成人して汗は少なくなった様に感じますが、デリケートゾーンの皮脂腺からは思いのほか汗が排出されています。

 

入浴時に石鹸やボディソープで優しく洗い上げ、この時擦り洗いをすると黒ずみの原因になるので撫でるように洗いましょう。
下着は通気性のいい清潔なものを使い、冬場は乾燥が皮膚を固くし色素沈着の原因になるので、デリケートゾーン用のクリームを使って保湿してあげましょう。

 

汗を掻いた後は清潔にしたり、乾燥を防ぐクリームで整えてあげる事であきらめていたデリケートゾーンの黒ずみも、徐々に解消されますよ。

 

編集部からのコメント

さすがに経験者と言う事もあり、デリケートゾーンの黒ずみやニオイについて、かなりお詳しいですね。

 

確かに、きちんと洗い、清潔に保つことは非常に重要ですが、きちんと洗おうとすればするほど”擦れ”が発生してしまいますから、
この辺りの加減と言うのが非常に難しいんですよね。

 

ただ、tenさんのように洗った後にきちんと保湿をすることで、擦れによるダメージを最小限に抑えることが出来ますから、
それだけ黒ずみを発生させてしまうリスクを抑えられるでしょう。

 

これに加えて、トラネキサム酸の配合されたクリームを使用すると、より早めの黒ずみ解消効果が期待できますから、
現状で悩んでいる方にはそのようなクリームを使用される事をオススメします。

 

イビサクリーム 口コミ

関連サイト