黒ずみコラム イビサクリーム

sobokuさんの黒ずみコラム

今回ご投稿くださったのは、デリケートゾーンだけでなく全身の黒ずみについて勉強をされているというsobokuさんです。

 

さすがに、詳しい知識をお持ちですので、非常にタメになる内容となっています。

 

こちらをご覧くださっているあなたも、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

投稿者プロフィール

 

年齢 30代前半
職業 会社員
肌質 普通肌
スキンケア方法 基礎化粧品全般、生活習慣の見直し

 

黒ずみは体のいたるところにできてしまう、やっかいなものです。
目の下から肘や膝、脇にも黒ずみができます。
それからデリケートゾーンにも黒ずみができますね。

 

そんな黒ずみの原因として考えられるものは、いくつかあります。
1つは色素沈着で、なぜ色素沈着をおこすのか?と言うと、メラニンの活動が活発な場所は、色素沈着で黒ずみを起こすのです。

 

皮膚に受けた紫外線や摩擦などの刺激は、皮膚を保護するためメラニンが活動し、色素の沈着が起こります。
ターンオーバーが正常に行われないこともその一因になり、これは皮膚細胞の新陳代謝になります。

 

皮膚の表面の組織は、約1か月のサイクルで角化するとともに剥がれ落ち、新しい皮膚が再生されます。
お風呂に入ったときに体内から、消しゴムみたいな垢が落ちることがありますよね?
あれこそが、代謝サイクルが行われた証なのです。

 

あと、紫外線により日焼けして皮膚が赤く炎症を起し、黒やけになったり等もありますが、その様な時は時間が経つと元に戻ることもあります。
実際はターンオーバーにより、皮膚の代謝サイクルで皮膚の再生〜成長と、スムーズに皮膚代謝が活動してくれたら皮膚のダメージは防げるのです。
正常にターンオーバーされない等も、黒ずみの原因の1つになります。

 

でも、一体なぜ正常にターンオーバがされなくなってしまうのでしょう?
それは、体内のホルモンのリズムとバランスが崩れていることが考えられます。
疲れや、寝不足、過労など、栄養障害も含めて、生活環境も正しく改善する事も大切です。

 

編集部からのコメント

sobokuさん、ご投稿くださりありがとうございました。

 

sobokuさんがおっしゃるとおり、色素沈着は体の至るところに起こり、その原因も様々です。

 

そんな原因の中でも特に注意しておきたいのが、「お肌への外的なストレス」です。

 

sobokuさんも書かれている、紫外線や摩擦などの外的ストレスは、皮膚がメラニン色素を生成する原因となります。

 

普段から、外出の際は日焼け止めを使用する、なるべく摩擦の少ない下着にする、ゴシゴシ洗いをしないなどの対策を心がけましょう。

 

また、お肌に充分な水分量があれば、正常かつ適切なターンオーバーを促すことが出来ますから、
乾燥肌の方は、きちんと保湿をすることをおすすめします。

 

黒ずみは、一度出来てしまうと改善が難しくなってしまいます。
イビサクリームのような、効果的なクリームもありますが、まずは予防をしっかりすることから始めましょう。

 

イビサクリーム 口コミ

関連サイト